ブラジルのちょっとした潮目?

◆ここしばらく気になる数字の一つがブラジルの通貨であるレアルのレート。先月は1.75レアル/米ドルであったのが、いつの間にか1.85レアル/米ドルを超えています。新興国のトレンドとして自国通貨は強くなる中で、やはり欧州の金融不安の影響がじわりと利いている様子。一部メディアでは、欧州からの投資でブラジルの好況は成り立っていたとの論調もありましたので、様々な憶測を呼んでいるかもしれません。

◆このレアル安によって、関係者の悲喜交々が起きているのではないでしょうか。最近、金利の高いブラジル債券やその関連のファンドへの投資に人気がありますが、これは現地通貨がベースでしょうから、個人投資家にとって、レアル安は予想していなかったかもしれません。

◆今日、或る日系企業の工場見学をしましたが、その席で、その会社の社長が、「ブラジルは時折通貨が大きく暴落することがあって、インフレに結び付くことがあります。例えば2002年のルーラショックの時のような・・・」といった趣旨のコメントがありました。ブラジル経済に対して、このような予防線を張った発言をここ暫く聞いていなかったので新鮮な響きがありました。現地の企業経営者は、今後のブラジル市場に対して、その辺りまで考えています。

◆そんな折、地元紙では、10月のブラジル大統領選に対する世論調査で、これまで大差がついていた与党候補と野党候補が同率になったと報じています。与党候補が追いついた背景には、人気の高いルーラ大統領の後継者であることや、低所得者層に対する大盤振る舞いが効を奏して北東部では断然強いとか伝えられています。ただ、欧州の動向次第では、経済への見識や危機管理能力など、新しい争点が出てくるかもしれませんし、今後のブラジルの置かれる環境が少し変わるかもしません。
[PR]