ブラジルの今を紹介する2つの情報媒体

◆最近、手を付けることができなかったブログ。罪滅ぼしで次の二つを紹介します。

「2010年下半期の業種別部会長シンポジウムの議事録」
最初にブラジル日本商工会議所で8月17日に開催されたシンポジウムの議事録(ページを開けて、名前の箇所をクリックすると議事録が開きます)。元々、ブラジルの最新の経済動向を追っかける上で便利な商工会議所のHPですが、この議事録はブラジルの日系企業が現地において何を考えているのか知る上で大変参考になると思います。関心業種だけでもいいでしょうが、個人的には一度通しで読んでみたい。

「サンパウロ・スタイル」
次に、こちらは、ジェトロが9月10日付でアップした「サンパウロ・スタイル」。サンパウロに出張する人や関心ある人に対して、写真や説明が満載の価値ある資料になっています。サンパウロでの人々の生活がどうなっているのかなど、最新の情報が盛りだくさんです(こちらは先週の出張時に全部読みました)。ちなみに、ジェトロの「スタイル」シリーズでは、このほか、「香港スタイル」、「広州スタイル」、「デリー・スタイル」、「クアラルンプール・スタイル」などが出ています。

◆最後に、大統領選を10月3日に控えたブラジル。数か月前までは、主要2候補が35%周辺で鎬を削っていましたが、先週末の世論調査を見ますと、ルーラ大統領の実質的な後継者であるジルマ前官房長が50%近くを推移し、対抗馬であったセーハ・サンパウロ州知事が20%台後半で伸び悩んでいるといます。目下の関心は、ジルマ候補が第1回目の投票で勝利を決めてしまうかというところ。ブラジルの将来の考える中で、PT(労働党)政権の継続については、賛否両論が出ています。
[PR]