ブラジル南東部の水害と日本の可能性

e0136888_050355.jpg


◆先週から日本のメディアでもブラジル南東部の豪雨による水害がニュースになっているようで、日本の友人からも「大丈夫?」というメールが来ます(ご心配ありがとうございます)。今回600名を超える人々が亡くなっているとのことで、はじめにご冥福をお祈りします。被害が起きたのは、主にリオデジャネイロ州の山間部の町(集落)。州都のリオデジャネイロから70~140キロ程度といったところで、標高が800~900メートル程度あるので、避暑地にもなっています。

◆今回の大きな被害の理由は、およそ50年ぶりにまとまった雨が降ったため。1月11日から12日の間の降水量は、一番の被害地になっているノヴァ・フリブルゴ(Nova Friburgo)で280ミリ、ペトロポリス(Petropolis)で135ミリ、テレゾポリス(Teresopolis)で112ミリとのこと。毎年台風に見舞われている日本からすれば大した降水量に見えませんが、一部の被害地ではその2日間でその月平均に相当する降水量もあったとのこと。つまり、雨にやられたという自然災害の側面があります。

◆また、併せて人災の要素も報じられています。例えば、当地の気象台は避難勧告を出したのですが、地元の消防団(のようなもの)など現場ではそれほどの対応をしていなかったらしく、それが「ブラジル国内史上最悪の水害」をもたらす原因の一つとなったとの見方があります。消防団の十分に機能していたとして、どこまで被害を減らすことができたかは分かりませんが、システムとして万全に備えておくことに越したことはありません。

◆ブラジル南東部(サンパウロやリオデジャネイロを含む地域)の1月は雨期に当たります。年末年始とずっとサンパウロ市内にいますが、毎日どこかで雨が降っていますし、半月ほど前からは雨が降ると市内のどこかで浸水被害が起きています。市内の中心部を取り巻くように流れているチエテ川でも氾濫が起きており、国際空港と市内中心部を結ぶ主要道路がマヒするような日もありました。

◆サンパウロの浸水について、サンパウロ州知事サンパウロ市長は相次いで今年は例年の平均雨量を上回っているためという自然災害の側面を強調しますが、地元主要紙では、警戒システムが機能しておらず、浸水地域のゴミ袋が排水溝に詰まって被害を拡大しているという対策の不備も指摘されています。いずれにしても、このような時には天災と人災が複合的に絡んで拡大するものでしょうから、何か一つに責任を求めるのはあまり意味がありません。どのように被害を防ぐのかに着眼点を置くべきでしょう。

◆その中で日本に何らかのヒントがあるのではないかというのが、今回のポイントです。先週の朝のブラジルの大手民放TV Globoのニュースでは東京の特派員経験者が東京の水害防止システムを丁寧に説明していました。昔であれば、さすが先進国という切り口だったのかもしれませんが、恐らく今ではブラジルもそこまでやるべきではないかというBRICSの一角を担う自負が含まれているように思えました。昨今の日本の官民によるインフラ輸出の機運ではありませんが、そのようなニーズのある場所を訪ねてみるのは一つの方法かもしれません。

◆また、冒頭の南東部の災害ですが、これも実は日本の地デジ方式決定後、南米のチリやペルーといった西海岸諸国に売り込みが図られているEWS(緊急警報放送)システムを援用する方法が考えられます。元々は大地震や津波のためのものとされていますが、場所によって用途が異なることは大いに考えられること。今回の甚大な被害を奇禍として、日本政府から「こんなシステムあるんですけど」と提案することに価値があるかと思われます。自然災害に見舞われることの多い日本としての貢献の方法は幾らでもあるのではないでしょうか。

(画像は、Nova Friburgoの全景。Wikipediaより)
[PR]