11年のGDP成長率は2.7%に減速−欧州債務危機やレアル高が響く−

ブラジルの11年GDP成長率が2.7%と発表されました。関連記事はこのリンクから全文読めます。

10年の7.5%と比較するとその落ち込みぶりが目に付きますが、そもそも潜在成長率が4%辺りのブラジルにとってみると、V字型回復によって達成された10年の成長率が異様に高かったという方が適当でしょう。

今回の発表を受けてマンテガ財務相は12年経済成長率を4.0~4.5%と望んでいますが、現時点では工業も消費も明るい材料はあまり見かけることができません。
[PR]