国内商業庁も申告フォームの提出を指示−輸入取引事前申告制度が複雑化−

アルゼンチン政府が2月1日から開始する輸入事前申告制度に国内商業庁も参入することになりました。関連記事はこのリンクから冒頭部分のみ読めます。

それにしても話がややこしくなってきました。国内商業庁といえば、フェルナンデス政権で輸入引き締めの陣頭指揮に立つモレノ長官がいます。これで、輸入事前申告制度が政治的な色彩を帯びるでしょう。予想されるのは、「輸入を許可してやるけど、何を輸出するんだ」という直接交渉でしょうか。

フェルナンデス大統領の再選によって、もう少し国際社会と調和するような政権運営をやるのかなと思っていた仄かな期待もこれで泡と消えたという気持ちですね。アルゼンチンのベネズエラ化(「アルズエラ」化)が進んでいるようです。
[PR]