輸入取引に宣誓供述書の提出を義務付け−保護主義政策強まる−

アルゼンチン政府が2月からほぼすべての製品の輸入に対して事前の申告を求めることを発表しました。関連記事はこのリンクから全文が読めます。

フェルナンデス大統領の再選直前までには、第2次政権では何か開放的なことをするかもしれないという仄かな期待がありましたが、これでなくなりましたね。

この背景には貿易収支が減り続けていることへの政府の危機感があるようですが、このようなことで減っても長続きしそうにない印象を受けますし、もっと他のことへの歪みが生じそうな気がします。
[PR]