メキシコとの自動車協定に見直しの動き

ブラジル政府がメキシコとの自動車協定の破棄を含めて見直しの検討を開始したと報じられています。関連記事はこのリンクから冒頭部分のみ読めます。

ブラジルとしては随分と唐突感のある発表をした印象があります。国内に拠点のある自動車メーカーの保護を昨年から徹底しているブラジル政府が次に手を出してきたのがメキシコとの関係。

これで影響を受けるのが最近メキシコに生産拡大や新工場の設立などを発表している日系メーカー(日産、ホンダ、マツダ)です。米国も狙えるし、ブラジルも狙えるという絶好の戦略拠点だったのですが、ブラジルの気まぐれによって振り回されることになりそうです。
[PR]