政策金利を8.50%に引き下げ

ブラジル中銀は、5月30日、政策金利を9.00%から8.50%に引き下げることを発表しました。関連記事はこのリンクから全文読めます。

2011年8月下旬からの開始している政策金利の引き下げ。今回で7回連続になります。中銀の中長期的な目標としては、実質金利をグローバル・レベルに引き下げられるうちに引き下げるということにあったのですが、今回の引き下げによって、実質金利ではロシアや中国よりも低くなりました。

政策金利を引き下げてもインフレ率が高くならない様子が確認されることから、今後も中銀としては継続的な引き下げを視野に置いた判断になると思われます。
[PR]