ブラジル大統領決まる

◆29日、ブラジル大統領選挙が開かれ、開票99.4%の時点で、

ルーラ大統領(中道左派:写真) 60.79%
アルキミン候補(前サンパウロ州知事;中道右派) 39.21%

といった大差によって、ルーラ大統領が再選されました。これで4年間の任期を更に務める運びになりました。

◆10月1日の第1回目の投票ではアルキミン候補の健闘が光り、「もしかすると、番狂わせ?」という雰囲気も一時は漂いましたが、決選投票の後半戦においては、大差でルーラ候補が勝利する見通しになっており、まずは政権交代による大きな変化が起きないという前提で「再選後」を南の隣国から眺めていました。

◆早速、開票速報が流れて、ルーラ大統領の圧勝が判明した時点で、ルーラ陣営では同大統領の記者会見が開かれました。ウルグアイでは、CNN(スペイン語版)とO'GLOBO(国際版)が生放送で中継しており、それを眺めることに・・・。庶民の味方の印象を植え付けるように、「この勝利はブラジルのもの」というロゴの入ったTシャツを下に着込んだ格好ですが、こういったスタイルが勝利を導いたのかもしれません。

◆ルーラ大統領再選の要因は、貧困層の圧倒的な支持という基盤が揺らぐことがなかったということでしょう。以前にも指摘したかもしれませんが、貧困層にとって、「汚職」の噂なんて関係ありません。目先の生活改善が最優先課題であり、「真実の究明」を前面に出して決選投票で勢いを保とうとしたアルキミン候補は、貧困層にとって、「事情を分かっていない候補」と映ったのかもしれません。29日のウルグアイの主要紙の社説の題名は「『貧困』と『誠実さ』」。つまり、アルキミン候補は「誠実さ」だけでは勝てないということなのかもしれません。

◆次回は、ルーラ大統領の勝利宣言と記者会見の席で気になったことに触れたいと思っています。ウルグアイに関わることなので、別稿ということで。
[PR]