カテゴリ:チリのお話( 2 )

◆折角の週末で、外は快晴。昨晩は妻に「明日はドライブに行こう」とはしゃいでいたものの、その夜にあった結婚式に夫婦して出席。早めに失礼したつもりでも、帰宅は既に午前2時。それから、目覚まし時計をかけずに眠り続けると、起床は午後の1時。何に疲れていたのかはしりませんが、昼食にベランダで冷麦をすすって、更に昼寝。力の抜けた日曜日になってしまいました。

◆ところがテレビを見ると、チリが熱い。ピノチェト氏の死去。今年に入って、カストロ氏が倒れて、ピノチェト氏も先週には危篤が報じられ、なんとなく中南米の一時代が去ろうとしています。ただ、とてもではありませんが「静かに」去るとはいえないようです。CNNをはじめとした映像を見る限り、支持者だけではなく、長年ピノチェトに反抗してきた勢力は祝うためにサンティアゴ市内で集まっている様子。(ちなみに現地からのレポートはここが一番のおススメ)

◆この緊張感、南米大陸以外からは、何とも分かりにくくなってしまいます。その中で、時事通信が報道しているので、以下を転用します。

ピノチェト元大統領が死去=軍政16年半、人権弾圧を主導-チリ
 【サンパウロ10日時事】南米チリで16年半にわたり軍政を率い、晩年は在任中の左翼活動家に対する人権弾圧事件などへの刑事責任を問われたアウグスト・ピノチェト元大統領が10日、心不全のため首都サンティアゴの陸軍病院で死去した。91歳だった。3日に心臓発作を起こして入院、バイパス手術を受けていた。
 葬儀は国葬ではなく、軍葬の形で12日に行われる。
 ピノチェト氏は殺人などの罪で起訴されたが、死去により、「国家元首の犯罪」が十分解明されないまま、裁判は幕引きとなる。 
 73年9月のクーデターでアジェンデ社会主義政権を打倒して以来、任期延長の是非を問う国民投票に敗れて90年3月に民政移管されるまで、チリの軍事独裁政権を指揮した。
 ただ、アジェンデ政権下で壊滅状態に陥った同国経済を、積極的な自由開放経済政策の導入により改善。対外債務を徐々に減らし、「中南米の優等生」と称されるまでに立て直した。
 政権移譲後も陸軍司令官に留任。その発言や行動は絶えず波紋を呼び、政府との間には常に緊張が存在した。政権の座から降りて16年が経過した今も、チリの政界はピノチェト派対反ピノチェト派という対立の構図が続いている。
 15年11月25日、首都サンティアゴ郊外のバルパライソ生まれ。陸軍士官学校、陸軍大学を卒業後、陸軍第6師団長などを経て69年に陸軍参謀長。73年8月、陸軍総司令官、翌9月には軍事評議会議長。74年12月、大統領に就任した。学究肌としても知られ、「地政学」「チリの地理学」などの著書もある。


◆ピノチェト氏に限らず、60~70年代、南米において軍事力を通じて「米国の代理人」を果たした人々にとって、昨今の南米の「左傾化」は間違いなく受難の時代です。南米の左傾化の一番の「功績」(?)は、実は貧困対策ではなくて、「人権」を表に出した上での過去の精算なのではないかと思われます。その「成果」について、ウルグアイでは、軍政へと導いた元大統領が先月逮捕されましたし、アルゼンチンでも似たようなことが起きていると聞いています。そして、今回はチリですが、彼の国ではピノチェト氏の死でもってしか次の一歩を踏み出すことができなかったのかもしれません。

◆既に米国にとっては、70~80年代の南米における影響力行使の問題は過去の話であり、コンドル作戦などは歴史文書程度にしか思っていないのかもしれません。イラクで忙しすぎる現在、改めてこの地で何か語ることはないのでしょう(何か語ることがあれば、それはそれで面白いのですが)。また、現在の米国の南米における影響力の行使と比較すると、共産主義という「化物」の威力はすごかったということなのでしょう。

◆それにしても、チリのバチェレ政権にとって、このピノチェト氏死後の対応の一つ一つが今後の政権運営に微妙な影響を与えることでしょうから、難しい課題を突きつけられています。例えば、先の時事通信の記事でも、ピノチェト氏を「国葬」ではなく、「軍葬」で対応しようとしているところがバチェレ大統領の苦労の跡を窺わせます。ちなみに、バチェレ大統領、父親を軍政下で殺され、自らも拷問の経験を有している経験を有しています。国家元首としてどのような判断をするのか、心中複雑なものがあるでしょう。
[PR]
◆ウルグアイにとって、チリは羨望の眼差しをもって眺めている国の一つ。常に「南米」諸国間のランキングでは質のレベルで競っている相手です(例えば、透明度ランキングとか・・・)。そんなチリの首都・サンティアゴまでは飛行機で2時間強。先日の太平洋諸島旅行では、サンティアゴで往復それぞれ一泊しました。

◆人口は470万人。それだけでもウルグアイの人口(340万人)を上回っています。モンテビデオの片田舎からやってきた人間にとっては、空港から新市街に向けた高速道路を乗るだけで度肝を抜かされます。「トンネルを抜けると、そこは・・・」高層ビルが複数見えるわけです。高層ビルが連なることのないウルグアイにとっては新鮮に映ります。

◆南米諸国にとって、チリは経済の上で優等生と位置づけられています。90年代以降から続く比較的安定した経済成長は、メキシコやブラジル、アルゼンチンといった自らの足を踏んづけてまで不安定へと導いた国々とは対照的に映っています。昨今においても、銅をはじめとした一次産品に後押しされて、わが世の春を満喫しているかのようにその他南米諸国からは見えてしまいます(常に隣の芝は青く見えるわけで・・・)。

◆更に、輸出中心の国の経済を捉えた中で、積極的なFTA戦略が成功しているといわれています。彼らに言わせれば、「小国」(1,500万人もいて「小国」と呼ぶなら、人口300万人のウルグアイはどうなるのかと思います)が安定的な成長を行うには門戸を開放して、ひたすら輸出に邁進するに限るというわけです。同じく、輸出を生業にして国の経済が成り立っているはずのウルグアイにとっても理想としているところです。昨今のウルグアイのバスケス政権による積極的な「FTA戦略」はチリをモデルにしているところがあります。

◆ウルグアイに潜在的に存在するFTA信者にとって、サンティアゴの街を買い物すれば、FTAの恩恵に預かっていることを否応にも体験することができます。例えば、医薬品。欧米系の製薬会社の商品はお約束どおり、低関税によって、ウルグアイの半額で手に入れることができます。世間に知られた欧米系のメーカーの商品の安さは、溜息が出てくるほどです。最近では南米の中でも物価が高いといわれるサンティアゴですが、商品の豊富さと価格のお手頃感とを総合した感覚は、南米南部でも随一かもしれません。

◆ただ、そんなに手放しでチリを誉めちぎっていいのかについて、この旅行期間を通じて?印が付きまとっていました。確かに、FTA信者が着目したがる国なのかもしれないけど、よく見ると、必ずしも競争一辺倒の国ではないという気もします。

◆卑近な例を出せば、イースター島までの航空便。これはナショナル・フラッグ「ラン・チレ」の独壇場です。需要と供給の結果によって1社だけになっているとは思えないところがあって、サンティアゴ・イースター島及びタヒチ・イースター島では、同社が美味しい思いをしているんだろうと察します。当然、儲かっている当人たちは口を開くわけありません。また、イースター島内の価格帯についても、観光地料金というものが存在しますが、それも当然、門戸開放の対象にはなっていない。観光などは目立つところですが、他にも地方の経済などでは、守っているところがきっとあるんだろうなという印象を持っています。

◆自分は別にチリに対して「FTA先進国」に矛盾していると揚げ足取りをしたいのではなくて、こういった「メリハリ」は当然の行為であるといいたいわけです。むしろ、金科玉条のように、やれ「FTA」だ、「自由競争」だ、と標榜する方が芸がないと思ってしまうのです。チリのケースを見るように、力を入れるところと、手を抜くところは厳然と存在する。その棲み分けでもって国の経済はそれなりに順調に行っていると見受けられるのです。

◆ウルグアイが今後の米国等とのFTA協議の上において、本当にチリを参考にするのは「メリハリ」の部分なのかもしれません。事務方の交渉が進んでいるのでしょうが、国益に適った部分をしっかりと守って、安売りすることのないようにと老婆心ながら思ってしまいます。米国との協議のポイントについては、一度このブログにも書かなくてはと思っています。えーと、旅行記を書こうと思ったら、硬い内容に戻ってしまいました(苦笑)。
[PR]