<   2004年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

海外に行くと、やけに物価が安いと感じます。
特に、アジアや南米になると、
日本の物価高がおかしいはずなのに、
「ここは安い!」と財布の紐を緩めがちです。

観光客や旅人にとってはそれでいいんでしょうけど、
現地で生活する人間となると、
そんな衝動の連続でいつしか感覚が麻痺して、
家計をやりくりすることがコワくなってくるかもしれません。

日本の物価高との比較に振り回されないように、
現地の価格を日本的な感覚で評価できないかと思いました。

モンテビデオのお店やレストラン、
ショッピングセンターなどを観察するうちに、
こんな感じじゃないかな~と勝手な仮説を作りました。

★ウルグアイの価格を日本的な感覚で評価する方法
 ⇒「値札の最後にゼロをもう一つ加えてください」(以上)

つまり、値札に100ペソと書いてあったら、
「×10」の計算をします。そうすると、1,000になります。

日本人が1,000円に対する感覚と、
ウルグアイの人が100ペソで感じる感覚は不思議と似ています。
(ここでは「実感価格」と便宜的に言ってしまいます)

かなり乱暴な議論ですけど、これが結構通じます。

例えば、昼食。
1.手を抜いて、近くの店で食べるクロワッサンのサンドイッチは15ペソ。
 ⇒(日本円だと50円強、「実感価格」150円)
2.ヨーロッパ系のビュッフェスタイルの店では90ペソ
 ⇒(日本円だと320円弱、「実感価格」 900円) 
3.ちょっとしたお客さんとのビジネスランチのコースは190ペソ
 ⇒(日本円だと650円強、「実感価格」1,900円)

ウルグアイに旅行される方々にとっても、
例えばこの店は現地の人にとってどのくらいの位置付けなのかを
考える上で役立つかもしれません。

けど、この方式、どう考えたって、
ウルグアイに来る日本人なんて少ないんだから
汎用性ないよね。。。

。。。あと、もう一つ。

こんな乱暴な計算をしてわかったのは、
ウルグアイの物価は日本より6割ぐらい安いということかも。
[PR]
今月からウルグアイでインターネットを使い始めました。

正直、「南米のインターネットの環境って大丈夫かいな?」というのが一つの心配事でした。

ただ、客観的なデータを見ると、
南米の中で、ウルグアイが一番ネットの普及率が高いとのこと。
(まあ、どんぐりの背比べなので、数値は言いませんが)

ここがダメなら、南米はどこもダメと覚悟をしました。

結論から言ってしまうと、ウルグアイについては
会社さえ選べば、大丈夫でしょう。

ちなみに、「会社さえ」という条件は、
やっぱり国営の会社は工事に着手するのに悠長で、
なかなか開通までしないとのことです。

僕にインターネットの会社を紹介してくれた方も
「これは除外ね~」とこの国営電話会社は省いていました。

日本でY○hoo.BBを使っていた人間にとっては、
何を見ても遅く感じてしまうのでしょうが、それも仕方がない。

さて、企業を一社決めて、契約しました。
ダイアルアップとADSLの選択肢があって、結局ADSLに。
(光ファイバーなんてしろものはどうも存在していない)

ちなみに、ADSLのオプションは64K、128K、256Kのどれか。
その会社は、「価格要交渉」なんていう生意気なことを言っていましたが。

参考までに、他社を見ると、
64Kが1,420ペソ(約5,100円)、
128Kが2,190ペソ(約7,900円)、
358Kが5,030ペソ(約18,100円)と
ウルグアイの物価事情を考えるとべらぼうな高さです。
これだけを見ても、彼らはほんといい商売を現地で展開しています。

ちなみに工事はほんとのんびりしています。
一人暮らしでこっちにやってきたら、
仕事どころではなかったと思います(ここのところ、妻に感謝)。
契約で1日、工事で1日、
工事で解決しなかった微調整で2日(速度が遅すぎて苦情を言ったため)。
日本は恵まれていると痛感する瞬間です。
この「南米の常識」に慣れるまで、日本人は胃を痛めるでしょう。

こんな経験をすると、ここで「サービスの質」を売りにするだけでも、
いい商売ができるんじゃないかと思うのは僕だけでしょうか。
南米の悠長さは脈々と生き続けています。
[PR]
タクシーから街角を眺めます。

ブエノスアイレスの街には、
およそ80年前、豪勢だった頃に築いた遺産が
ゴシック様式の建物群として広がっています。

ものの本によると、当時のブエノスアイレスは
世界の12大都市の一つに数えられて
(他の11都市をちょっと知りたい・・・)、
大英帝国の子分のようにも見られていたようです。

その街並みだけなら欧州と見間違うほどです。

ある意味レトロな建物ならモンテビデオも同じですが、
ハードの部分だけではなくて、ここには文化の薫りもします。
街中のカフェを紹介した本がしっかりと売られています。
(南米ではそもそもカフェの特集で一冊こしらえる発想が出てこない)

素朴な南米の印象からは程遠い
洗練された印象をこの街は与えてくれます。
南米の懐の深さを知りたい方は、
ブエノスに立ち寄ることをお薦めします。
[PR]
物価のやすいところなら、
アルゼンチンをおすすめします。

今回のブエノスアイレスへの旅での移動では
タクシーを乗り回しましたが、初乗りは1.28ペソ(約40円)。
地下鉄にいたっては一人0.70ペソ(約25円)。
(ブエノスでは現役で走っている旧丸の内線を見れます)

また、東京の青山に出店しててもおかしくないような
シャレた雰囲気のレストランで今回は奮発して、
ご当地マルベック種の高級ワインを一本頼んでも、36ペソ(約1,000円)です。

ちなみにそのとき頼んだ料理二品の合計額は
このワイン代よりも安かったことからしても、
物価の安さが分かると思います。

そして、ヨレヨレのスーツしか持っていないことを妻に責められて、
今回フロリダ通り(東京で言う銀座の中央通り)を歩いたんですけど、
そこで見かけたディ○ールのスーツ(別にブランド志向じゃないけど)が
800ペソ(3万円弱)!

贋者かとも思いましたが、
さすがにブエノスの「銀座4丁目」に贋者は置かないでしょう。
(おまけに専門店だったしね)

物価の安さの背景は、
アルゼンチンで通貨の切り下げが数年前に行われたためです。
これはウルグアイも同様です。

伝え聞いたところによると、南米・エクアドルの金持ちが
わざわざブエノスまで買出しに来ているとも聞いたことがあります。
(エクアドルは通貨を米ドルにしてから、物価が高くなったとのこと)

ついでに、こんなに物価が安いところでも、金持ちはしっかりと存在します。

ブエノスアイレスから1時間も車で走らせれば
(ここの高速道路の最高時速は130キロ)、
ティグレという別荘地に到着します。

そこでは、運河に船をはべらせて、川沿いに別荘を構え、
週末を楽しむ集団が平気でいます。
その光景は本当に優雅です。

とても「債務75%帳消し」を平然と要求するような国には見えません。

ある程度の資産を持っている人々にとって、ブエノスは快適なのでしょう。
[PR]
家の前にラプラタ川が流れています。

目を瞑って思い浮かべてください。
どんな川を想像していますか?

ちなみに、対岸はどんな景色ですか?どんな建物がたっていますか?

モンテビデオに流れるラプラタ川ですが、
対岸は見えません。船がとお~くに見える程度です。
(いまでも僕は妻に間違えて「海」と言っています)

広島に住んでいた僕にとって、
川は太田川で、海は瀬戸内海ですけど、
瀬戸内海よりもだだっぴろいです。

見渡しても「島」がない。そして、川なのに「波」がある。。。
(瀬戸内海の波は寂しい程度しかないのに・・・)

昔、中国人が瀬戸内海を見て、
「これは川か?」といったことがあるとかないとか。
今の僕はその中国人の気持ちに組みします。
目の前に広がるラプラタが川なら、瀬戸内海も川同然でしょ、と。

さて、このラプラタ川、潮の満干で色が青にも茶色にもなりますが、
青いラプラタ河のときの、透き通った青空との景色は圧巻です。
朝夕、川沿いの歩道でジョギングする人々はそんな贅沢を味わっています。

ただし、こんな素敵なラプラタ川を見せてくれるのもあともう少しだそうです。

冬になると、川から岸に向って遠慮ないスピードの寒風が吹くとのこと。
だから川沿いのアパートは必ず二重窓になっています(今でも風は強いけど)。
ましてや、灰色の雲が空を埋めるそうで、寂しい風景しか目の前に展開しないとのこと。
(なんだか高校時代をすごした冬の五大湖周辺を思い出してしまいます)

「夏休みにウルグアイ!」と考えている方、
来られるのは、12~3月をおすすめします。
[PR]
今日も昼がやってきました。

最近、ランチに金をかけていません。
職場の近所でおいしそうなレストランがないですし、
そして遠出しようにも車がないんです。。。

こんな「ない」「ない」尽くしのなかで、
近くのコンビニでチーズとハムのサンドイッチで
済ませようと思っていたのですが、
今日はどうしても肉が食べたいっという衝動が。。。

実は、ウルグアイに来た当初から、連日牛肉ばかりを食べていました。
アサードという炭火で炙った肉を出す店が多くて、観光客にはこのような店に人気があります。
更に、チビートスという手軽なフィレ肉のサンドイッチも庶民的で人気です。

ただ、最初の1ヶ月がホテル住まいで、
連日外食でしたから、肉ばかりを目にしてしまうことになって、いつしか肉への飽きが来ました。。。
実際、ここ一週間ぐらい肉の塊を口にすることがありませんでした。

「肉食め!」、「食べ過ぎ!」
と東京のレストランで友人達から糾弾されて続けていた僕でも、
今では肉を口にすることにやや抵抗感を持っています。

「けど、今日は肉を食べたい。。。」

僕の足は近くの冴えない食堂に向っていました。
最初はチビートでも食べようかと思っていました。
ただ、店内には誰もいません。ウェイターが二人だけ。。。

「これは流行っていない。。。やばいな。」

すぐさま、足は違うほうに向かいました。
「あっちの方が客が多そうだ。店から机が溢れていて、
おっちゃん達が楽しそうに食事をしている。ここにしよう」

けど、店内に入って分かったこと。
単純に店の中が狭いだけでした。
おまけにカウンターには昼間から飲んだくれてるオヤジがいます。
表のおっちゃん達もよく見ればアルコールが入っています。。。

肉も出すけど、ここは基本的に飲み屋。
退散するのは自由ですけど、
僕にそこまでの勇気はありませんでした。

なくなくカウンターに座ります。。。

メニューを見ても、肉しかありません。
目の前に広がる棚にはウィスキーしか並んでいません。
間違いなくここは大衆酒場です。

仕方なく、チョリソー(ソーセージ)のサンドイッチを頼みましたが、
店のお兄ちゃん(浦和レッズのサントスを想像すればいいでしょうか)から
「それだけかい?」と一言。
その店に溶け込んでいない僕は、その一言が「心遣い」じゃなくて「威嚇」ととりました。

「じゃあ、アサード(骨付きカルビ)も・・・」おまけにビールまで頼んでしまいました。

ちなみに「昼ビール」は南米では当然の風潮になっています。
さっきからウィスキーのロックを飲みつづけ、今度で4杯に入るオヤジさんの横で
「じゃあ、コカコーラ」とは言えません(どういう見栄なんだろう・・・)。

しばらくしてビールが出てきましたが、1リットル瓶。
おちょくっているのか?これが南米なのか?
でも、ここは飲み屋。それも「あるかもしれません」。
けど、さすがにそれじゃ午後は仕事になりません。

「小さいのない・・・?」。

蚊の泣くような小さな声です。
完全にカウンター越しの「サントス」に主導権を取られてしまいました。

チョリソのサンドイッチとアサードが出てきましたが、
アサードは余計でした。なにせ量が尋常じゃないんです。

サンドイッチを食べ終えた頃に、アサードが皿いっぱいに出てきて、
食べ終わる頃にもう一皿別のものが出てきました。
「頼んでないよ」と弱気なスペイン語を呟いたら、
ここの主人が「さっきの続き」との返事。他の客を見ると、確かにそのようです。。。

炙っていると言っても、油がしっかりと落ちたわけでもありません。
そしてこの量。軽く300グラム以上はあります。

肉を食いきるのに時間のかけすぎました。
料金は全部でチップも含めて130ペソ(約470円)。払いすぎました。。。

そして何よりもまた肉を食べたくなくなりました。。。

職場への帰りに「冴えない」食堂を横切ると、人で溢れています。
「そうだ、ここの人は昼遅くから昼食へと動き始めるんだ」。

さらに後悔の念が込上げて来ました。。。
[PR]
モンテビデオのような田舎からやってきた人間にとって、
ブエノスアイレスは都会です。

実は、モンテビデオの人々はこの点に若干負い目を感じているようです。
こういった人々には、
「けど、静かだし、生活するのに快適だから」
と言うと大概「そうだろ!」という表情になります。。。

一方で、僕が乗ったブエノスのタクシーの運ちゃんあたりは、
運転しながら、「ブエノスは都会すぎる」愚痴っています。
(けど、最後はブエノスの自慢になっていたりするんだけど)

まあ、複雑なんですな。

モンテビデオの「田舎者」夫婦が最初に衝撃を受けたのが交通量です。
モンテビデオとは比べ物になりません(モンテビデオが少なすぎる)。
その大半は黒と黄色に彩られたタクシーです(これは実に多い)。

80年代後半から90年代前半に
「タクシーは金になる」という話を鵜呑みにした
ポルテーニョ(ブエノスアイレス市民の総称)が
続々と権利を買ったりしたとのことです。

ただ、その権利相場は10分の1に暴落。。。
(現在では3,000米ドルぐらい)
ガソリンが高くなっている割には
タクシーの運賃の値上げがそれほどされていないとのことで、
運転手には苦難の時代のようです。

ちなみにタクシーは
初乗り1.28ペソ(約40円)という
べらぼうな安さでした。
[PR]
先月の下旬、ウルグアイ国内はカーニバル休暇でした。

モンテビデオで大人しくするのも勿体ないので、
どこか旅にいくことにしました。

今回の目的地は、ブエノスアイレス。
モンテビデオからは高速フェリーでラプラタ川に揺られること3時間。
赤茶の川を西に上っていくと、
人口278万人のブエノスアイレスに到着します。

この旅行、妻と二人で行きましたが、
3泊4日で宿泊費(ホテル四つ星)と交通費込みで、
一人あたり150米ドル!
日本では考えられない安さでした。。。

その理由は通貨の切り下げが行われたため。
ドルを持っている人間にとって
このあたりの国々の物価は非常に安く感じます。

ついでに、旅行者向けになりますが、
モンテビデオからブエノスアイレスに行くには、
主に飛行機かフェリーかの選択肢があります。
(バスという野心的な真似は今回省く)

逆もまた然りです(むしろ、この流れの方が多いはず)。

フェリーの場合で3時間、飛行機の場合で50分程度ですが、
モンテビデオの空港が市内から30分弱かかること、
互いの街もダウンタウンから船着場が近いこと、
そして飛行機の場合は1時間前に搭乗手続きをしなくては
いけないことを考えると、時間的にはあまり差はありません。

(ちなみに高速フェリーは30分前までのチェックインでしたが、
 それが守られている形跡は今回見られませんでした)

ただ、高速フェリーについては、一言。

夏に乗船する場合は、軽い防寒具が必要です。
つまり、場所を選ばないと非常に冷えます。
クーラーの風が遠慮なく吹いてきます。。。
冷え性だという方は特に注意してください。

(すみません。ブエノスにまだ着いていませんでしたね。続・・・)
[PR]
自宅から僕が働いているところまで
徒歩で30分ぐらいのところです。
近い分だけ快適かもしれません。

そんな中、通勤の最大の敵がいます。
それは「犬の糞」です。

日本でも一昔前までは、
道端に転がっているのが当たり前だったのかもしれません。
それこそ飼い主のマナーのよさが
今の日本の街角の快適さを演出しているのでしょう。

ところが、モンテビデオでそんなマナーは殆ど皆無です。
犬の散歩業者たちが
ここの金持ちのペットである大型の「お犬様たち」に振り回されながら、
散歩「させられている」のを見ると、
「ちょっと酷だわな・・・」と同情してもしまいます。

そんなことで、
今日も道の至るところで「柔らかな地雷」が転がっています。
(少しはまっすぐ前を見て歩きたい!)

別に市の政府が無策であることでもありません。
そもそも「犬の糞を拾う」という発想がない飼い主達に対して
街角で協力を呼びかけるパネルも出てきましたし、
新聞の記事にもこの現象を「環境問題」だとするコラムが掲載されていました。

飼い主が散歩する場合は、それで解決するかもしれませんが、
一部では首輪や紐をつけずに散歩させる習慣もあるウルグアイで、
我らがお犬様が糞をしたとしても、
「これは私のお犬様の!」と確信して拾えるのかは不明。
(やっぱり、ほっとくんでしょうね。。。)

結局は、住宅やアパートの前で掃除する人々の
仕事と甘えているんだろうなというのが当座の結論です。
「犬の糞の処理は、飼い主ではなくて、掃除をする人の仕事」という
南米的なタコツボ主義がここに垣間見えてきます。
[PR]
実はこのウルグアイ、伝統政党間に限って言えば、
政策論争はあまり関係なさそうです。

何せ、仕組みとして、一回目の大統領選挙で過半数を取らなければ、再投票。

99年に行われた前回の選挙も、一回目は左翼が1位だったのですが、
二回目投票は2位・3位連合で伝統政党が勝利した経験があります。

そんなところを計算しているのが伝統政党で、
ゆっくりダラダラとしている理由は、前回と同じ展開を見込んでいるのでしょう。

ただ、ウルグアイのみなさんもそれを見越しています。

参考までに今朝の新聞に出ていた世論調査でもお知らせします。
今後の展開をみなさんなりに予想してください。

【ケース1:国民党候補がラカジェ候補だった場合】
バスケス候補 49%
ラカジェ候補 18%
スティルリング候補 17%
未定・その他 16%

【ケース2:国民党候補がララニャガ候補だった場合】
バスケス候補 49%
ララニャガ候補 20%
スティルリング候補 13%
未定・その他 18%
[PR]