<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

◆先週辺り、日本国内で国際ニュースとして話題になっていたのが南米・パラグアイでの邦人誘拐事件。日本に住む人間にとっては、パラグアイとウルグアイの区別もつかないのが普通なので、先頃ウルグアイから帰国した僕に対しても「事件は大丈夫ですかね?」と話しかけてくる人が幾人かいました。

◆念のため、そのような基本的な勘違いをする方々を弁護するわけではありませんが、そのような間違いは南米に駐在する日本人のビジネスマンでも無意識のうちに起こります。南米駐在の日本人と一緒にウルグアイ在住の関係者とミーティングするとき、ウルグアイを無意識のうちに「パラグアイでは・・・」と日本人側が言ってしまったら、最後。間違えなくウルグアイの人は硬化します。普段は「自分の国は小国だから」と卑下する性格を持ち合わせている方々ですが、この微妙な間違いには神経質だったりします。そこら辺の人間心理が面白かったりしますが・・・。

◆今回の邦人誘拐の件について、何故日本のメディアに注目されたのかについて整理すると、(1)邦人が関与している、(2)その邦人が新興宗教団体と関係がある、という二点によるものでしょう。日本のメディアでは、(1)についてははっきりと報じていますが、(2)の部分については曖昧にしていたりします(その比較を一覧しているのは、このブログ)。ただ、そのような(2)の部分に遠慮を生じさせている(?)日本の一部メディアとは異なり、パラグアイの主要紙(ABC Color紙)は、(2)の部分についてパラグアイにおける同新興宗教団体のリーダーと表現しています。案外、南米の方がそのような団体に対する表現方法について屈託なく書いています(そういう僕は、今回、日本的な判断をしています)。

◆今回の一件で勉強させてもらったことは、2つでしょうか。一つは、パラグアイという平和そうに見える田舎に武装集団が誘拐をビジネスにしていることは分かったこと。この団体の存在は、正直知りませんでした。また、そのような誘拐ビジネスはてっきりコロンビアやペルー辺りの専売特許かと思っていました。ただ、今回のニュースに接した大抵の日本人読者は「南米のニュース」と一括りにして、「パラグアイにもゲリラ集団がいる」と妄想を更に膨らますのかもしれません。パラグアイの誘拐、これは比較的珍しいケースと思って良いのかもしれません(頻度については更に調べる必要がありますが)。

◆もう一つは、先の団体の裾野がいつの間にかパラグアイにも広げていたことです。実は、90年代、同団体関係者は大挙してウルグアイに訪れていたという話を耳にする機会がありました。日本人にとっては不思議に聞こえるのですが、同団体の教祖はウルグアイでは立派な投資家と見做されており、同氏が訪問した際には、ほぼ間違いなく大統領又は副大統領と面会することができるようです。その証拠として、同団体では、市内の中心地にホテル、更に新聞社も所有するなど、投資実績を積み重ねています。現在では、その当時の遺産を継承しているのが同団体のウルグアイでの主な活動なのかもしれませんが、彼らは勢力を南米の内陸に広げた印象を与えるケースとなりました。

◆そして、先に関連するのですが、同団体の集会の会場がシウダーデルエステ(写真)であったことが時代の変遷を感じさせるものでした。日本の方には馴染みの低いこのパラグアイの町ですが、実はブラジル、アルゼンチン、パラグアイという3カ国を跨ぐ要衝の地です。意外かもしれませんが、米国政府はこの地域を重要視しています。米国政府は、この要衝の地を中心に生活するアラブ系、中国系等の移民が麻薬や密輸品などによる利益をアルカイダなどのテロ集団の資金源に利用しているだろうと警戒しています(その派生としては、映画「マイアミ・バイス」が同地を舞台の一部になっていました)。したがって、近年では、米国、ブラジル、アルゼンチン各政府は、この地域の扱いで共同歩調をとるべく努力をしています。

◆今年の2月、それら3カ国を跨ぐ場所(ブラジル及びアルゼンチン側)に行きましたが(パラグアイ側のシウダーデルエステには行けず)、確かにアラブ系の多さには驚かされました。例えば、ブラジル側のフォスドイグアスの場合、人口30万人強の約10%がアラブ系と言われています。ブラジルでは、確かサンパウロに次ぐアラブ人コミュニティーが存在しています。アラブ系ですが、1960年代からブラジルに移民として住み始めてから、国境沿いのビジネスを得意にする傾向があり、その一部はブラジル・ウルグアイ国境沿いのチュイにもコミュニティーを形成しています。

◆今回の誘拐事件だけを眺めると、60代の日本人オジさんとその秘書が運悪く誘拐されたように聞こえますが(南米における犯罪被害は往々にしてこの「運」に見放されることが多いのですが)、周辺を洗い出すと違った様相が見え隠れしてきます。
[PR]
by key1229t | 2007-04-08 14:42